海外 💛スマートシティ専門家へのインタビュー LoRa Alliance ® スマートシティ ワーキンググループ 議長 Boris Stöeckermann と対談

スマートシティー・海外の業界専門家へのインタビュー

LoRa Alliance内のスマートシティワーキンググループ長Boris Stöeckermann と中国深圳 Seeed Studio社セールスコンサルタントのViolet Su(彼女のWeChatでの投稿を日ごろ楽しみにしているのです)の活動がコメントされていたので、ご参考までに。

今年のアムステルダムで開催されるThe Things ConferenceでもViolet Suは講演するようです。下記URLよりご参照。

VioletSu

Moor Insights and Strategy でネットワーキングとセキュリティの実践を管理するバイスプレジデント兼主席アナリストである Will Townsend は、最近、Minol Zenner Group のビジネス リーダーであり、LoRa Alliance ® 内のスマート シティ ワーキング グループの議長である と対談しました。

オリジナルソースはこちらから…

これは彼らの会話の抜粋です[1] :

Photo_Stockermann-Townsend-Blog.png

Will Townsend :

あなたとこの会話ができるのをとても楽しみにしていましたが、スマートシティの定義から始めましょう。 スマートシティは、人によって意味が異なると思うからです。

Boris Stöeckermann:

私がスマート シティについて話している時、それは 1 つの建物から始まることもあれば、複数の建物から始まることもあります。…道路があり、パイプライン、エネルギーパイプライン、水問題などすべてがあります。 しかし、これは単なるインフラストラクチャにすぎません。はい?しかし、別のタイプのスマートシティもあります。 これはすべてプロセス、管理、そして最後に…都市が市民のために何をするかについてです。 これが、私たちがモノのインターネットとスマートシティのデジタル化に取り組んでいる理由です。 私たちは、国民にとってさらなる価値を求めています。 私たちは資源を節約し、きれいな空気を吸い、より良いサービスを提供したいと考えています。

Will Townsend :

そうですね…それは完全に理にかなっています。 したがって、接続に関しては、さまざまな方法で接続することができます。 アナリストとして、プライベート携帯電話は大きな問題ですが、Wi-Fi、Bluetooth、ZigBee と低エネルギー Bluetooth のビーコンがあります。 しかし、LoRaWAN について具体的に説明し、将来のスマート シティの実現に関連して LoRaWAN が輝ける場所について話しましょう。 特定のユースケースが思い浮かびますが、[以前に議論しました]: 交通管理、スマートパーキング、そして大気質の監視について言及しましたが、この点で LoRaWAN が本当に優れていると考えるあなたの観点から聞きたいです。

Boris Stöeckermann:

LoRaWAN は、オープン標準規格であり、アライアンスは通信プロトコルに関する標準化を定義しましたが、デバイスの標準化、デバイスがテクノロジーとどのように相互作用する必要があるかについても定義しました。 これにより、都市が独自のサービスを運営している場合、またはフルサービスのパートナーを雇用したい場合に、多くの可能性と機会が開かれます。 世界中には、フルサービス ソリューションを提供する LoRaWAN ソリューション プロバイダーが何百社もあります。 しかし、都市が公共事業と非常に密接に連携し、LoRaWAN を使用して独自の IoT ネットワークを強化していることもわかります。

なぜ LoRaWAN は彼らにとってそれほど魅力的なのでしょうか? これはサイロを克服するのに役立つテクノロジーですが、私の観点からは外れており、最大の強みの 1 つです。

水道会社…私たちがこれを始めたとき、彼らは「私はこの水道会社の出身で、水のことしか話していない」と言っていましたが、本当の利点は、都市全体で 1 つのネットワークだけで済むことです。 そして、他のすべての部門には独自の要件とユースケースがあり、簡単にそれに飛びつくことができます。

Will Townsend :

はい。 したがって、これらの異なるネットワークを駆動することはありません。 そして、標準化についてあなたが言及した点に戻りたいと思います。 つまり、長年にわたり、IoT は、いわゆる西部開拓時代のようなものでした。 私はテキサス出身なので、その例えを使います。 そして標準化は、本当に課題でした。 したがって、私は、 LoRaWAN をまさに調和のとれた標準のようなものだと考えています。 そしてさらに重要なことに、あなたは多くの使用例について話しました。

Boris Stöeckermann:

ユーティリティのユースケースや他の業界とどのようにスケールアップしますか? そして 1 つの理由は、よく言われることですが、ああ、この LoRaWAN があったのですが、これも概念実証を行うのに最適です。 私の会社が、 LoRaWAN を 6…6 年前、ほぼ 7 年前に導入するために使い始めた時、実際には、大規模なネットワークを運用していました。 これは、主にドイツにある 1 つのネットワークですが、ヨーロッパの他のいくつかの国にもあります。 実際に 1 つのネットワークを運用しており、最新の数字では LoRaWAN ゲートウェイが 68,000 個あります。

Will Townsend :

おお。それは大規模です。

Boris Stöeckermann:

480 万のエンドポイントをカバーしています。 そして、私がこれを述べている理由は、これが、非常にスケーラブルなテクノロジーであることを人々に示すためです。 しかし、都市に関しては、それに対してまったく異なるアプローチをとります。

Will Townsend :

うん。

Boris Stöeckermann:

現在、多くの都市が特別部門を強化しており、これはさまざまなサイロを相互に橋渡しすることにもつながります。 現在、さまざまな部門が、ハイブリッド組織で連携してリソースを共有し、アイデアを出し合い、統合する非常に優れた導入環境がいくつかあります。 そしてもう 1 つの非常に重要なことは、アライアンスから来るものだと思いますが、複数のパートナーが必要であるということです。 ワンマンショーのように大きなことはできないので、誰も、私たちでさえ何人かのパートナーがいます。たくさんあります…

Will Townsend :

すべてに可動部分がたくさんあります。

Boris Stöeckermann:

国民や私たち全員にとっての大規模な展開と価値観が見られるでしょう。 昨日、米国ゼナー社の社長から、水供給に関する世界的な観点からの危機的な状況について非常に良いピッチを行いました。 水は、私たち全員にとって最も重要な資源の 1 つです。そして、消費量を監視するために、私たちはもちろんゼナー製の水道メーターを使って水道事業を行っていますが、それを測定しない場合は、どのように制御したいかになります。 そして、これは実際に起こっていることであり、実際に起きているエネルギー危機の例として、何が都市を動かしているのかというと、すべての都市が公共の建物の温度を下げています。 巨大な建物をどうやって摂氏 17 度に保つのでしょうか? ゾーンごとに温度を測定し、必要に応じて熱を加えます。 いや、ここは寒いからもっと熱くなるだろう。LoRaWAN はこのような環境に最適です。

Will Townsend :

うん。

Boris Stöeckermann:

リソースの節約とコストの削減、そして私たち Minol Zenner Group にとって、これが LoRaWAN に参入する重要な推進ポイントの 1 つでした。 それは、欧州のエネルギー効率指令が近づいていたことだった。 私たちは、それを認識していました。 つまり、テナントは年に 1 回だけでなく、年間を通じて消費量の読み取りを受け取る権利があるということです。 だって、なぜ?だって、自分がどれだけ摂取しているか分からなければ、貯めることもできないのです。 誰かが近づいてきて、あなたは昨年暖房を 20% 多く使用したと言いました。ああ、それは変更できません。

Will Townsend :

それをどのように定量化しますか? 私の次の質問は、私の考えを読んでいて、それは持続可能性に関するものです。 そして、あなたは、すでにこのことについて話しています。 私は、昨年パリで開催された LoRaWAN World Expo に参加しました。 私は、パネルの司会を務めました。 それにはいくつかの素晴らしい団体、自治体も参加していただきました。 そして、私はそのイベントを終えて、持続可能性は本当に LoRaWAN が信頼できるものである、という衝撃を受けました。 それで、今週オーランドであなたの見解を聞きたいのですが…その会話は続いていますか、そしてその会話から何か洞察を共有できますか?

Boris Stöeckermann:

…すでに水について触れましたが、ここでの空気の質についても同様です。 スマートシティのパネルディスカッションのメンバーと、Seeed の Violet Su を覚えていますか? 彼女は、現地の気象状況を監視することで、世界中で展開されている 4 つのユースケースを私たちに提供してくれました。 都市で都市内でホットスポットを特定するときは、建物を明るい色で塗るかもしれません。 そこに植物を植えて涼しい場所を作ります。 これは温度と湿度だけでなく、どの汚染がどこにあるかという重要な情報でもあり、彼女は、それらをどのように特定するかというユースケースを私に見せてくれました。 大気汚染があった場合は、追跡調査を行って、汚染の原因を突き止めることができます。

Will Townsend :

おお!

Boris Stöeckermann:

どの業界の、どの会社の?これは非常に役に立ちます。彼らは、このシステムを使用して、市民に警報を送ります。 汚染が近づいていることがわかったので、そこから出てはいけません。

そのためエリア外への移動も可能です。 そして、これは大気の質、水の質、エネルギー消費です。 また、世界中の多くの都市で街路照明プロジェクトも行っています。 LED電球を使用して街灯の明るさを下げることで、可能であればエネルギーを節約するだけでなく、夜間の公園に明かりが灯るような安全性も備えています。

Will Townsend :

うん。

Boris Stöeckermann:

したがって、光はいつでもあるのが良いですが、一晩中公園を照らすのは望ましくありません。

数分間そこを歩いている人は一人だけだからです。 つまり、これがどのようにエネルギーを節約し、この種のテクノロジーを使用し、そして最初に戻って、国民に価値を生み出すのかということです。

したがって、私たちは、テクノロジーを手に入れました。 このテクノロジーを活用してより良いものにすることが私たち全員の課題です。はい?

Will Townsend :

私がテクノロジーと呼ぶもの。 そして、私が LoRaWAN プラットフォームに感銘を受け続けているのは、拡張性、コスト効率、そして IoT の観点から見て何ができるかということです。 ボリス、あなたとお話しするのはいつも楽しいです。あなたの情熱が大好きです。あなたの服装が大好きです。またお時間を割いていただきありがとうございます。

Boris Stöeckermann:

迎えてくれてありがとう、ウィル。ありがとう。

日本国内でもLoRaWAN機能搭載のスマートLED街灯がリリース!