個人や企業単位でデータを管理・活用する時代到来 - ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2

非常に興味深い「なぜ世界最強の通信企業だったNTTは、GAFAになれなかった?凋落の研究」というネット記事が目に留まりました。

*記事はこちらから…

なぜ世界最強の通信企業だったNTTは、GAFAになれなかった?凋落の研究

特に注目したのは、

「世界のIT業界は、ウェブ2.0から3.0に急速にシフトしている。ウェブ3.0の時代では、IT業界はGAFAなどによる寡占から、個人などが主体的にデータを管理・活用するようになると予想される。デジタルツインは、生活の場でも当たり前になるだろう。必要に応じてネットに接続するという常識は崩れる可能性が高い。常に、リアルとバーチャルな世界が同時に進む展開が予想される。それがNTTに与えるインパクトは大きい」

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

また、数年前から国内大手企業ではDX化を意識したデジタル人材育成に取り組んでいます。

データ活用は楽しい!先進企業が重視するカルチャーづくりと人材育成の進め方 | 日経クロステック(xTECH)

パブリック LoRaWANサービスとして普及してきましたThe Things Networkも 2年前にThe Thigs Stackプロトコルにアップグレードされてからは、様々なIoTユースケースで活用することが可能になりました。 そこで従来のLoRaWANゲートウェイにより強力なCPU(A7 QuadCore)を改良してThe Things StackとNode-REDを標準搭載するビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2をリリースすることになりました。

比較的安価で手軽に遠隔集中管理サービス remote.it が、上記ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2のDocker上にデプロイされています。


*remote.it のDraginoサポート紹介サイト

*三菱重工技報:エッジコンピュータを用いた遠隔監視サービスシステム向け セキュリティ技術

2022.6.16~6.18までパシフィコ横浜で開催されますEdgeTech+2022のLoRa Pavilionでは、上記ビルトインサーバー LoRaWANゲートウェイ LPS8 v2と様々なLoRaWANエンドデバイスを組み合わせたデモンストレーションを行う予定です。

*EdgeTech+2022のサイトはこちらから…

EdgeTech+ 2022

* ブース番号 18 エルスピーナヴェインズ/TTN Japan となります。

DXEXPO

展示会2日目11月17日午後5時からは、展示会場でお客様にビールやワインなどお酒類を振る舞うET展恒例のフェスタも3年ぶりに再会されます。

ぜひ、皆様のご来場をお待ちしております♪