TTN高崎:GPS Tracker LGT92とLINE Botを連携した見守り向けソリューション(α)

前回の記事で、Dragino GPS Tracker LGT92が追尾できることがわかりました。

そこで、常々考えていたことを形にすることにしました。
メガキャリア、メガベンダーとは一線を画した見守りプラットフォーム の実現です。

LoRaWANネットワークを地域のみなさん(個人、企業、団体など)で作り上げ、そこに
地域の個人に役に立つ見守りサービスを実現していきたいと思っています。

LGT92-LiとTTN、そしてLINE Botを使ってα版を作りました。
想定利用者のママとパパが、簡単に使えるようにLINE BotでUXを実現しています。

余談ですが、LGT92-Liの 赤丸ボタンは、いわゆるパニックボタン的機能 として使えます。
5秒長押しすると、空パケットが即座に飛び(押下されたというフラグがpayloadに含まれます)、
その後緯度経度を含むパケットが毎分飛び始めます。
これにより、

LINE Botを通じて、即座にアラートをママやパパに送れる

のです。これ、素敵です。

*下記リンクよりプロモーション動画をご覧になれます