Dragino GPS Tracker LGT92 を追尾せよ!

TTN高崎コミュニティー・イニシエータの青谷さんのDragino LoRaWAN GPSトラッカー LGT92を使った実験レポートです。

屋外8チャンネル LoRaWANゲートウェイ DLOS8を2台、屋内8チャンネルLoRaWANゲートウェイLPS8を1台購入され、Dragino LoRaWAN GPSトラッカーLGT92を数台を使われながらGPS緯度経度、パニックボタン、加速度計データをThe Things Network上にアップリンクしてアプリケーションサービスTago.ioでトラッキング&見える化されている様子です。


Tagoio_map
TTNTakasaki_map

—以下、青谷さんの投稿記事を抜粋

我々は、オープンコミュニティという点に共感をして、LPWAの一つである LoRaWAN に着目しています。(今さらかよ、と言われそうですが)

LoRaWANの世界では、コミュニティ運営されているプラットフォーム「 The Things Network (TTN) 」というものがあります。

興味がありつつもディープダイブせずにいた世界でしたが、とあるキッカケで、 TTN Japan アンバサダーであり第一人者でもある吉田さん に誘(イザナ)われ、TTN Takasakiを始めさせていただくことになりました。

TTN Takasaki起動前後、LoRaWAN用のゲートウェイとノードセンサーを購入・設置して、いろいろと遊んでいます。

先日、LoRaWANに対応したGSPセンサーノード Dragino GPS Tracker LGT92が日本で利用できるようになりました。動作検証も込めて、どの程度追尾できるのか?どの程度電池の持ちが良いのか?を確認すべく、可視化をしてみましたのでご紹介をしたいと思います。

*詳細はこちらから…