LoRaWANビジネスモデル成功事例! MESHED


#1

The Things Conference前にオーストラリアでThe Things Networkを展開するPaulさんが、Linkedinに寄稿した内容が興味深かったので、以前ブログでご紹介しました。

*MESHEDの創業者PaulさんがLinkedinに寄稿した文章を翻訳しました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カンファレンスの最終日午後にThe Things Industries(B2B専門会社)の営業責任者Alexandarさんからリセラー向けミィーティングをするというので呼ばれました。 出席者は30-40名前後でした。 その時の様子です。 最初に有料版The Things NetworkであるTTIのパンフレットをベースに説明しました。

その後でThe Things Network AustraliaのイニシエータでMESHEDの創業者Paulさんが、The Things Networkをベースに起業した経緯やTTN Public Clusterの話しをしました。 下記はThe Things ConferenceでのPaulさんのKeynoteの一部です。

MESHED_01

*地域市町村をベースにTTNを使いながらさまざまなIoTサービスを拡大していったようです。

MESHED_02

*ビジネスモデルは、上からTTNでPoCをやりながら、構築費や教育をしながら、時間を経て有料版TTIへと発展していってます。

MESHED_03

*下記が、MESHEDのPaulさんのKeynoteスピーチです。オーストラリアのユースケースを交えながら、ビジネスモデルについて説明しています。

TTN_Australia
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ご参考までに