B2B市場向けLoRaWANネットワークサーバー商品 - The Things IndustriesとDeployment Models


#1

TTN_Status

2015年からおよそ3年で世界95か国、8,000台のLoRaWANゲートウェイ、55,000人を超える登録ユーザーさらに3万近いIoTアプリケーションまでLoRaWANパブリックネットワーク The Things Networkは拡大し、今も成長しています。

TTN_Old

現在、Publicサーバーとして世界7カ所でThe Things Networkサーバーは、クラスタリング構成(TTN Public Cluster)で運用されています。一日のペイロードデータを1,300万パケットを処理しています。

TTN_New

毎日成長しているThe Things Networkは、さらにTTN Public Clusterを必要としています。 現在のクラスタリング構成を増加し、下記地域が候補となっています。 日本もPublic Clusterの候補地となっております。

LoRaWANパブリックネットワークとしてのThe Things Networkの構成は、下記のとおりとなります。

TTN_config

TTI_config

一番下のブロック機能にあるモニタリングは、全てのペイロードデータは、時系列DBで管理されています。これに対してB2B市場向けLoRaWANネットワークサーバー商品であるThe Things Industries構成では、The Things Networkで利用されているユーザー管理DBを除外してコンソール機能込みの形式となっております。

TTI_deployment

The Things Industriesでは、お客様のニーズにあわせて実装(Deployment)形式が、4種類にわかれております。さらにサポートサービスもTier1からTier3までご用意しております。

自社内あるいはプライベイトクラウドでLoRaWANサーバーをご利用される際は、ぜひご連絡おねがいします。

*詳細はこちらから…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓